投資家の適性?対策、ギャンブル依存症の本を読んで…

2019年は36年の人生の中で最低の年でした。

とはいえ、
ここからの人生の方が長いことから、

早期の経済的な復活をとげるべく、

最近は自分の棚卸しを実施中です。

最近、いつからリスク取りすぎるようになったのか?

という反省の旅をしてみました。

 

何故リスクを取るのか?

→最短で最高速度で資産を増やす

 

だけど、それだけじゃない。

常にフルポジを組んでいるのには理由が、、、

という事で、直近は自分を調べる旅として、

がっつり依存症の本を読み漁りました。

 

ギャンブル依存症、アルコール依存症、スマホ依存症などで、

個人的にギャンブル依存症が一番気になりました。

 

その中で目から鱗だったのが、

ギャンブル依存者に1番してはいけない行為として

「尻拭い」

をしないというもの。

簡単な話し、本人に代わりお金を代わりに返す行為です。

例え、

自殺しそうになっても、

可哀想だと思っても、

立ち直るために身軽になってもらいたいと思っても

絶対にやってはいけないとの事。

 

本の中に、その行為は

覚醒剤中毒の患者が覚醒剤が切れて苦しんでいる時に

「覚醒剤を注射してやるような行為」

手っ取り早く出来てしまう分、

中毒状態を深刻化させる行為と厳しく書いております。

あくまで

自分で作った借金は自分で返済ささる

という事で、

これは投資にも通じるなと。

 

本には事例は勿論、

ギャンブル依存状態か簡単に検査でき、

本人が今後どうしていくか、

家族がどう付き合っていくか、

など充実した内容で個人的に非常に興味深い本でした。

私はギャンブル依存の気はあって(もう打つ種もありませんが……)目から鱗でした。

 

投資にも通じる所があって

改めて自己責任という概念の大切さを学びました。

復活はまだまだ先ですが、

まず証券口座の信用取引口座を閉じる事にして、

1日も早い復帰を誓いました。

加筆して新しいバージョンなのに安くて得なのがこちら★

やめられない ギャンブル地獄からの生還 (集英社文庫(日本)) [ 帚木 蓬生 ]

価格:682円
(2020/1/29 08:08時点)
感想(1件)

※最初に読んだもの

やめられない ギャンブル地獄からの生還 [ 帚木蓬生 ]価格:1,540円
(2019/12/31 10:49時点)
感想(3件)

aako01jp

~株との出会い~ 2004年の大学2年に人生を豊かにする手段として株式投資に出会いました。 イラク戦争の大底で買い始めてライブドアバブルとショック相場を経験。 本格的にプロになろうと株式のリサーチハウスに入社。 3年超の経験を積んでから、英系の投資顧問(いわゆるヘッジファンド)に転職。 3年を経て、これまでの研鑽の成果を出すべく 2012年7月から約7年かけて満を持して個人投資家に復帰。 って書くとなんかかっこいいですね。 アナリスト一本、職歴7年 姉妹ブログ→http://aako01jp.blog.fc2.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA