新ポケトークの翻訳力は革新的、製造を担う3627ネオスの株は?

 

今日はこの話↓

この間、

2019年12月に発売された

新ポケトーク を手にとって試してみました。

2018年発売のポケトーク 保有者としては、

気になるのが今回の目玉機能である

「写メで翻訳」

どの程度の実力かな?

と楽しみにしていたけど、

個人的にはそこまではという印象

ただ、

それを有り余るほどに補うのが、

翻訳スピード!

 

翻訳というか、

ボタン押してから話せるようになるまでの

反応が早い!

一世代前でも上司との少し難しめの会話や、

英語の出来ない中国人との会話で結構使えましたが、

これはかなり使えそう!!

画面も大きくなったしね!

※通信状況の良い場所。

 

リアル翻訳こんにゃく

また一歩近づいてきましたね!

 

たった1年でこの進化…

もう

語学で悩む時代は本当に終わり

かもしれません♪

という事で気になる方は

大きい家電屋さんに見本があるので、

体験してみては??

どれだけすごいか実感出来るので是非!

下にリンクも貼っておくので気になる方は是非!

あと、地味に使えそうなのが

単位変換。

現場を回るときにどうしても忘れがちなので

重宝できそう。

株価に関してですが、

去年は万年赤字の3627ボロ株ネオスが、

ポケトーク 大ヒットによる、

業績の急改善というシナリオで

一儲け出来ました。

ただし、

何でもネタは

「初めて」

というが1つのポイント。

 

今回のポケトークは当然売れると思いますし、

業績に貢献すると思います。

 

ただ、株価もそれを織り込んでいるわけで、

2020年2月期の予想の営業利益は5~8億円(前期比横ばい~58%増)

に対して、

1/10日時点の株価は840円、

MC96億円というまぁ妥当か少し高い水準です。

ただ、前作よりも、

粗利率が急改善

②海外でバカ売れ

という事が確認できれば、

チャンスはありそうです。

 

前回、あまりにもポケトークを製造している

ジェネシスの利益寄与が低かったために、

①が改善されているとかなり大きなインパクト

②海外に関してはカンブリアでもやっていた通りチャンスあり

この二つが噛み合えば、

50%以上のアップサイドはありそうです。

思ったより息の長い商品になりそうで、

そうするとまた違う展開があるかなと思います。

aako01jp

~株との出会い~ 2004年の大学2年に人生を豊かにする手段として株式投資に出会いました。 イラク戦争の大底で買い始めてライブドアバブルとショック相場を経験。 本格的にプロになろうと株式のリサーチハウスに入社。 3年超の経験を積んでから、英系の投資顧問(いわゆるヘッジファンド)に転職。 3年を経て、これまでの研鑽の成果を出すべく 2012年7月から約7年かけて満を持して個人投資家に復帰。 って書くとなんかかっこいいですね。 アナリスト一本、職歴7年 姉妹ブログ→http://aako01jp.blog.fc2.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA