経営ビジョン次第で株価はここから3倍へ~ITX子会社化で株価倍増の7419ノジマの持つ圧倒的ポテンシャル~

今さらなんですけど、
ノジマのメモを。
11月の23,27にITX子会社化による影響とか
アップサイドをツイッターに書きましたが、
その背景や考え方をメモにしています。
 
 
まぁ株価は調整もなく上昇し、
10日終値の株価は1550円と買収発表当時の倍近くまで上昇しちゃってますけどね。
 
 
とはいえ、
この株価でもまだ3倍くらい上昇する可能性があります。
誰もが共感できる経営ビジョンがその鍵です。
 
 
 
 ~以下、原文~
7419ノジマがITXを想定通り買えるなら株価は見直し余地大です。
会社資料を見た結果ですけど、
 
 
アップサイドは

何も施策がなくても1800円、

条件揃えば5000円弱

って感じでしょうか。
 ※11月21日時点の株価は900円程度
 
 
 
どっちにしても買収が会社想定内で収まれば、
「買い」
ということです。
 
 
のれんは340億円、
15年償却年として年23億円。
850億円の借り入れとしても、
従前と同じ条件と借り入れできるのであれば利子負担は10億円弱。
(有報にのっている長期借入金の金利は1%弱)
 
 
のれん控除前の年間営業利益80億円として
経常利益段階では50億円強、
税引き後利益は30億円
っていうのが、適度な想定かな?
 
 
ITXが急激に業績伸ばしたのはドコモのアイフォン取扱いの影響による
ものかもしれないし、
利益率が安定しているのかはまだ分かりません。
 
 
ただ単純な足し算であれば、想定epsは240円。
ROE18%、bpsを勘案した理論的なアップサイドは3000強。
 
ただ、既存業態のままだとディスカウントが効くので
2000円くらいでしょうか。
 
 
実際、競合となる
ティーガイアは営業利益率1.8%、自己資本比率18%、ROE30%で
11月21日時点でPBRは約3倍となっています。
 
 

ただ、それは最低限の話しであって、

もっともっと評価をあげることも可能です。

 
 
ここから大事なのは、
将来ビジョンです。
 
 
私はこの件について都合のいいことをいくつか考えています。
 
 
その一つが、
PCデポのスマートフォン版に舵を切っていくことです。
 
ただ売るだけでなく、
「アフターケア」
スマートフォンで困った時に一番に持ってきてくれる店作りです。
 
 なんとなくアフターケアで分かるかもしれませんが、
これからより必要になってくるのは
アフターケアに加え、
より複雑化していくネット・家電をトータルケアする
「総合力提案」
だと思います。
 
 
既に始まっていますが、
全ての家電や身の回りの製品がネットにつながり始めています。
その際、リモコンの役割を果たすことになりそうなのが、
「携帯電話」
です。
 
 
生活スタイルに合わせた携帯、
連動性を意識した家電選びとうのは
これからの時代より重要視されてくるでしょう。
 
 
そういった環境下において
社員教育に力を入れ、売り場を自社で受け持ちするスタイルは
こうしたことを解決するには
とても適していることように感じます。
 
また、ネットにつながる家電が出てくるこのタイミングは、
上述のような対応が最も必要になってくるちょうど
過渡期のように感じています。
 
アフターケア料金を取り、
本格的にマネタイズが可能で、
決算見て違いが分かるようになれば大化け必須だと感じていますし、
今一番その可能性を秘めた銘柄とも言えます。
 
 
少し長くなりましたが下記の、
「戦略」…ストック方向を志向
「実績」…PCデポのように利益率などで他社との差別化可能、
「IR」…投資家に上記が認知される
といった条件が整えば、
 
株価が5000円程度まで跳ね上がっても
おかしくないと感じています。
 
 
上述の通り、ただの足し算の合併なら
株価は2000円止まりです。
 
 
一方で、魅力的なビジョンがあるなら
PER20倍の5000円であっても何も不思議はありません。
 
 

将来ビジョンていうのは

株価にはとてつもなく大きな影響を与える

ので
注意を払う必要があります。
 
 
このメモを一言でまとめると
「PCデポみたいにならないかな~」
という希望です(笑)
ベクトルは同じような感じですしね。
※兄がノジマ社長、弟がPCデポ社長
 
 
 
 
※以前書いたノジマのメモもあるのでよかったらどうぞ
http://aako01jp.com/?p=106
 
参考になったらぽちっとお願いします。
参考にならなかったら次頑張れよってことでぽちっと押してコメントください♪(笑)
ではでは~

aako01jp

~株との出会い~ 2004年の大学2年に人生を豊かにする手段として株式投資に出会いました。 イラク戦争の大底で買い始めてライブドアバブルとショック相場を経験。 本格的にプロになろうと株式のリサーチハウスに入社。 3年超の経験を積んでから、英系の投資顧問(いわゆるヘッジファンド)に転職。 3年を経て、これまでの研鑽の成果を出すべく 2012年7月から約7年かけて満を持して個人投資家に復帰。 って書くとなんかかっこいいですね。 アナリスト一本、職歴7年 姉妹ブログ→http://aako01jp.blog.fc2.com/

2 thoughts on “経営ビジョン次第で株価はここから3倍へ~ITX子会社化で株価倍増の7419ノジマの持つ圧倒的ポテンシャル~

  • 2014年12月11日 at 23:28
    Permalink

    aako01jpさん こんにちは、更新楽しみにしております。
    いつもながら、解り易い分析有難うございます。
    ノジマの資金調達について、公募増資とかは可能性ないんでしょうか。
    他、サキュリティー関連トレンド来るんでしょうか?

    Reply
  • 2015年5月24日 at 18:55
    Permalink

    <Tiny monster
    コメントありがとうございます。
    増資の可能性はいつも付き纏いますが、
    同業他社のFCFを見ていれば増資なしの可能性も十分に考えられます。
    今の出店ペースなら100億円以上はゆうに出るから…
    なんて甘いことをいつも考えています。
    ようはよく分かりません。
    と、今頃返信ですいません(汗)
    ご健勝をお祈りします。

    セキュリティー

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA