日本郵政のIPO投資を考えるならこれがお薦め

日本郵政の上場が近づいてきましたが、
正直私は残念な気持ちです。

 

肝心の日本郵便が上場対象ではないからです。
赤字で郵便取扱量も漸減傾向であり、
仮に上場しても買いたい人は少ないでしょう。
ただ、ポテンシャルは一番大きかったはずです。

 

 

理由は二つ

①1兆円を超える土地を用いて有力デベロッパーとして生まれ変わる

②IFRS採用(豪トール社ののれん3000億円の償却なくなる)

 

これだけで今営業赤字の日本郵便は

営業利益1000億円以上稼ぐ優良上場会社になるはずです。

だからこそポテンシャルが一番なんです。

 

 

なんて、気持ちにさせてくれるのが、
東洋経済9/5日号の

「日本郵政株買いますか?買いませんか?」
です。

 

 

かなりコンパクトにまとまっていて読みやすいので
気になっていたり、投資を考えている人は是非。

「上場後最初の四季報はこうなる!?」なんてコーナーもありましたしね。

 

まぁでも、
土地資産額(取得時の帳簿価格)は

 日本郵便のみで1.2兆円

(日本郵政全体で1.5兆円で日本6位)
と強大です。

 

日本のトップ、

丸の内の大家さんこと8802三菱地所が2.3兆円ということを
考えればすごいと思うはずです。

 

当然、
日本郵便は各地域の有力エリアに持ち、

開発次第で大手デベのように変革するのは

目に見えますよね。

 

実際、2013年からJPタワー、商業施設をKITTEとして東京駅前で

し、名古屋、札幌、大宮と開業し2016年には福岡でも竣工します。

 

 

強引ですが

三菱地所が売上高1兆円、営業利益1400億円なら
マネジメント次第でその1/3~1/2は稼げるんじゃないか

なんて皮算用できますもの

 

 

 

もう一つの理由が6200億円で買収した豪トール社。

3000億円ののれんが発生しているようですが、

これはIFRSを導入すれば営業利益の上乗せ要因となります。

20年償却であれば150億円程度の上振れ要因となるはずです。

 

 

なんて、妄想すれば、
赤字企業から営業利益1000億円企業になる
大変化が見込める
優良株候補を買う機会が無くなった~
と嘆いたaako01jpです。

 

 

とはいえ、
貸出しできない郵貯銀行はともかく、

かんぽ生命はパッと見変わるチャンスありそうですよね。
結局保険はほとんどが窓口販売であり、
国内の他の生命保険会社と同じ土俵に立つことになります。

同業他社並みに2~3%の純利益率の利益が
稼げるようになれば

利益は2~3倍増なんて皮算用ができます

 

売り方の変革(日本郵便が売る)、売り手の人材育成といった

難題が見受けられそうですが、

ブランド力はぴか一だし、潜在能力は十分ですよね。

 

あんな図体大きい企業がそんな簡単に変われる訳ないし、
とは思いますが、
上場は株主と言う厳しい生き物と接触し、
変革する一つの機会です。

 

意外と、条件次第では面白い案件やも知れませんね。

といったアプローチが結構よくやる自分のパターンの一つです。

だから投資アイデアの探し方に今回メモを書きました。

 

 

ただ、不動産業で稼ぐパターンはともかく

同業他社並みに稼げるようになれば…

なんてアプローチは全然当たりませんけどね(笑)

 

そこには経営者の力量が大きく反映され、

見えない競争力が

介在していることが多いですから。

 

変化率の高い企業を探すアプローチの役に立てれば幸いです。

役に立ったらというか、ここまで読んでくれた人はみな

ぽちっと押してくれると嬉しいです。

aako01jp

~株との出会い~ 2004年の大学2年に人生を豊かにする手段として株式投資に出会いました。 イラク戦争の大底で買い始めてライブドアバブルとショック相場を経験。 本格的にプロになろうと株式のリサーチハウスに入社。 3年超の経験を積んでから、英系の投資顧問(いわゆるヘッジファンド)に転職。 3年を経て、これまでの研鑽の成果を出すべく 2012年7月から約7年かけて満を持して個人投資家に復帰。 って書くとなんかかっこいいですね。 アナリスト一本、職歴7年 姉妹ブログ→http://aako01jp.blog.fc2.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA